1. 祈年祭

    2020.02.17

    祈年祭

    当社の崇敬会 神饌講講員の皆様の特別参拝として祈年祭を斎行いたしました。朝から雨が降り出し、うらめしく空を見上げていましたが、午後には雨が上がり、葛飾産直市、植木市も無事行なえました。苔玉ワークショップも好評で、榊の苗で作った苔玉は真心こもったオンリーワンのもの。出来栄えも素晴らしいものでした。参集殿ホールではフランス最高勲章レジオンドヌール受賞画家 松井守男画伯の「光の画家 松井守男が描いた鎮守…

  2. 梅も、カエルも

    2020.02.15

    梅も、カエルも

    このところの暖かい春の陽気に誘われて境内の梅の花が開きはじめています。朝、掃除をしているとカエルを発見。ひと足早く冬眠から目を覚ましたようで、おんぶした2匹のカエルに出くわしました。「ちょっと出てくるには早かったか」と戸惑っているようで、しばしカエルの動きを観察していました。  明日は祈年祭を斎行します。祈年祭に合わせて境内では葛飾産直市、植木市、苔玉ワークショップ、フランス最高勲…

  3. 松井守男画伯 2月16日13時に来社

    2020.02.11

    松井守男画伯 2月16日13時に来社

    2月16日、当社の崇敬会「神饌講」の特別参拝として「祈年祭」を斎行いたします。祈年祭当日境内では葛飾産直市、植木市、苔玉ワークショップ、「光の画家松井守男が描いた鎮守の杜熊野神社」松井守男絵画展を開催します。創建時より大切に守られてきた正五角形の境内地、神社らしい当社の趣に触れ、松井守男画伯が50点に及ぶ作品を描いていただきました。2月16・17・18日の3日間 10時~15時まで 入場無…

  4. お月見講話

    2020.02.11

    お月見講話

    2月9日のお月見講話は根岸にある馬の博物館学芸部長 長塚孝先生をお招きして『日本の古式競馬』と題してお話しいただきました。一見競馬と神社にはかかわりがないように思いますが、実は神社と深い関係がありました。日本の古式競馬は天皇、上皇が主に行なう朝廷競馬がその起こりですが、朝廷の競馬が衰退後には神社で行なう祭礼競馬へと変わっていったようです。いまでも京都 上賀茂神社の賀茂競馬が行なわれ有名です。当社は…

  5. 野州精麻 黄金色の草履づくり体験

    2020.02.9

    野州精麻 黄金色の草履づくり体験

    「野州精麻 黄金色の草履づくり体験」が2月8日、伝統文化に親しむ会の主催で開催されました。当社を会場に精麻を使った催しが行なわれるのは2回目。今回も栃木県鹿沼市で400年の歴史を持つ麻農家 野州麻紙工房の大森芳紀先生をお招きして、先生直々にお教えいただきました。大勢の方が参加され、先生より手ほどきを受けながら、見事立派な草履が完成していました。100%精麻で作られた草履は履くのがもったいないくらい…

  6. 節分春守 頒布中

    2020.02.4

    節分春守 頒布中

    「節分」というと2月3日の節分を思い浮かべますが、節分とは「季節を分ける」「季節の変わり目」という意味ですので、立春・立夏・立秋・立冬の前日も節分にあたります。当社では「節分」本来の意味を大切に伝えていこうと『春夏秋冬節分守』を頒布いたしております。私たちが住む日本には春夏秋冬、四つの季節があります。薄れてしまいましたが、日本ならではの四季や季節の移ろいを感じていただければと思います。新しい季節の…

  7. 節分祭

    2020.02.4

    節分祭

    2月3日、節分祭を斎行いたしました。当社の節分祭は熊野幼稚園の園児を中心に行なっており、ご社殿にてお祓いを受け、鬼に扮した先生めがけて「福は内、鬼は外」と元気に豆をまきました。子どもたちの良い思い出になったことと思います。  …

  8. 梅田稲荷神社 初午祭

    2020.02.3

    梅田稲荷神社 初午祭

    2月2日、兼務社 梅田稲荷神社で初午祭・新年参拝を斎行いたしました。朝から藁を編んだ注連縄作りをして鳥居につけました。町の人たちで作る、手作りの注連縄はめずらしく、梅田稲荷神社ならではの取り組みです。町の先輩から後輩へ、後輩から子どもたちへと、守り伝えていってもらいたいです。    …

  9. 月次祭

    2020.02.3

    月次祭

    当社では毎月1日(1月は除く)朝6時45分より陰陽祖霊信徒講の皆様の祖霊を祀る五重塔にて「月次祖霊祭」、7時よりご社殿にて「月次祭」を斎行しております。早朝、朝日の中での祭典は身が引き締まり、新しい月の初めを心清らかにスタートさせるには最良のこころざしになります。1日の朝にはぜひ当社の月次祭に参列してください。月次祭はどなた様でもご参列できます。皆様のご参列をお待ちしております。  …

  10. 2月16日 祈年祭 斎行

    2020.01.20

    2月16日 祈年祭 斎行

    2月16日(日)16:30より崇敬会 神饌講の皆様の特別参拝として「祈年祭」を斎行いたします。祈年祭は春の耕作始めにあたり、五穀豊穣を祈るお祭りで、古くより大切にしてきました。秋の収穫を祝う「新嘗祭」とともに私たち日本人にとって重要な祭典です。当日境内では葛飾産直市や植木市、神様の依代とされる榊の苗を使った苔玉ワークショップも開催します。また、フランス最高勲章レジオンドヌール受賞画家「光の画家松井…

アクセス


〒124-0012
東京都葛飾区立石8丁目44−31
(TEL) 03-3693-5623
(FAX) 03-3693-0070

電車でお越しの場合:青砥駅から徒歩10分 お車でお越しの場合:駐車場あり
PAGE TOP