1. 『幸せ守 金の八咫烏』

    2018.02.25

    『幸せ守 金の八咫烏』

    きょうは冬に戻ったかのような寒い一日でしたが、境内の梅はきれいな花を咲かせています。仏滅の日にもかかわらずたくさんのご参拝をいただきました。可愛らしい置き守で人気の『幸せ守 金の八咫烏』がすべて頒布してしまいました。大変申し訳ございませんが、しばらくお待ちください。…

  2. ご朱印

    2018.02.24

    ご朱印

    当社のご朱印は、2ページにわたりますことをご了承願います。ご神前に熊野大神の神璽(しんじ)を添えさせていただいております。神璽は神聖なものですので、お守りと同様に扱いください。また、当社の兼務社である立石 諏訪神社と梅田 稲荷神社のご朱印を当社にて頒布しております。兼務社のご朱印は両社をご参拝された方、これからご参拝をされる方に授与させていただいておりますので、両社へもぜひご参拝ください。…

  3. 梅田 稲荷神社

    2018.02.24

    梅田 稲荷神社

    当社 兼務社 葛飾区立石4丁目30番1号鎮座(京成立石駅5分)倉稲魂神(うかのみたまのかみ)商売繁盛・五穀豊穣の神御祭神の倉稲魂神は伏見稲荷大社の主祭神で、お稲荷さまと広く信仰されています。「うか」とは穀物、食べ物の意で、穀物の神様です。詳しい由緒は不詳ですが、『新編武蔵風土記稿 梅田村』の条に「稲荷社 村の鎮守なり。長福寺持」としるされています。元々梅田村は立石村に属していた村で…

  4. 立石 諏訪神社

    2018.02.24

    立石 諏訪神社

    当社 兼務社 葛飾区立石8丁目2番6号鎮座(京成立石駅1分)建御名方神(たけみなかたのかみ)五穀豊穣・武運長久の神諏訪大社の分社で、お諏訪さまと親しまれています。御祭神の建御名方神は、相撲の起源とされる力比べをした神様としても知られています。詳しい由緒は不詳ですが、『新編武蔵風土記稿 立石村』の条に「諏訪社 西円寺持」と記されていることから、この頃には社殿か祠があったと推測されます…

  5. 『五角開運守』

    2018.02.15

    『五角開運守』

    大変お待たせいたしました。『五角開運守』頒布いたします。どうぞお受けください。…

  6. 節分祭

    2018.02.2

    節分祭

    熊野幼稚園園児を中心に節分祭を行なっている関係から本来2月3日に行なうところ、本日雪がちらつく中行ないました。園ではインフルエンザが大流行ですが、子どもたちは菌をやっつけるくらいに元気いっぱいに豆をまきました。…

  7. スーパー・ブルー・ブラッドムーン

    2018.02.1

    スーパー・ブルー・ブラッドムーン

    昨日の満月夜詣り参拝は、3年ぶりになる皆既月食でした。しかも今回は通常より大きく見える「スーパームーン」で、同じ月に2回目の満月で「ブルームーン」、赤い色に染まる「ブラッドムーン」が合わさった『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』という満月でした。ご参列の方は貴重で、神秘的な満月に感動されていました。きっと良いことがあることと思います。次回夜詣り参拝は、2月16日(金)新月夜詣り参拝です。ど…

  8. 五角導守

    2018.01.28

    五角導守

    大変申し訳ございません。『五角導守』すべて頒布し、ただいま奉製中です。しばらくお待ちください。『五角導守』は、陰陽五行説の五角の中に熊野の神使、良い方向へ導く八咫烏がかたどられた安倍晴明公縁起のお守りです。勝負・商談・健康・幸せにご利益があります。…

  9. 『金烏守』 明日より頒布

    2018.01.26

    『金烏守』 明日より頒布

    大変お待たせいたしました。当社秘伝の『金烏守』を明日、1月27日より頒布いたします。このお守りは手作業で一体一体奉製しているため、すぐに、たくさんの数を、頒布することができません。同じものが二つとない、心のこもったお守りです。少しずつですが出来上がり次第、順次頒布させていただきます。ですので、もしかしたら作業が滞り頒布できないことがあろうかと思います。その際はどうかご理解いただき、ご用意できるまで…

  10. 文化財防火デー

    2018.01.26

    文化財防火デー

    当社を会場に「文化財防火デー」避難・消防演習が、本田消防署の指導の下行なわれ、熊野幼稚園の園児と職員も参加しました。このような大掛かりな訓練ははじめてでしたが、園児たちも戸惑うことなくスムーズに訓練できました。これを機会に職員一同防火に対する意識を高めてまいります。…

アクセス


〒124-0012
東京都葛飾区立石8丁目44−31
(TEL) 03-3693-5623
(FAX) 03-3693-0070

電車でお越しの場合:青砥駅から徒歩10分 お車でお越しの場合:駐車場あり
PAGE TOP