新月・満月夜詣り

安倍晴明勧請の当社で新月夜詣り・満月夜詣り
mangetsu_02
新月の夜、祈願する。 満月の夜、感謝する。
どこか神秘的で不思議な存在の月。東の空に輝きだした月、『新月』。月が全面に輝きまんまるく見える月、『満月』。人々は古より天上の月に手を合わせてきました。
心を月に合わせ幸せへの祈り、夢に向かう願い。新月は新たな創造のエネルギーに満ち溢れ「新しいことを始める」、「物事をスタートさせる」には最良な日です。また、満月は月のエネルギーが最大になり、古代より「完成される日」とされ、祝いの儀式の目安の日とされてきました。
「新月」と「満月」。「祈願」と「感謝」。
「お願いします」というみずみずしい心。「ありがとう」という感謝の気持ち。
陰陽師 安倍晴明公が勧請した、清浄で強力なパワースポットで心身共にお祓いいたします。
安倍晴明公のお導きを頂かれ「新月の夜」、「満月の夜」には熊野神社で「祈願」と「感謝」の真心をお捧げください。
新月とは
太陽と地球の間に月が入る形で、ほぼ一直線に太陽・月・地球が並び、目に見えない状態を「新月」「朔(さく)」といいます。旧暦では月の満ち欠けで歴を数えていました。毎月の始まる日を「朔日(さくじつ)」といい、「1日(ついたち)」と呼んでいます。また、新月から次の新月までを「1か月」とし、毎月の最終日を「晦日(かいじつ)」といい、「つごもり」と呼びます。月の始まりの「ついたち」は「月立ち」「月旅ち」を意味し、「つごもり」は「月ごもり」を意味しています。
満月とは
「満月」は太陽と月の間に地球が入る形で、ほぼ一直線に太陽・地球・月が並んだ時に見える状態をいい、「望(ぼう)」ともいい、この時に見られる月の形を望月(ぼうげつ、もちづき)といいます。満月の時は、地形がよく見えるほど地上を明るく照らし、鑑賞の対象になり月見が行なわれました。特に秋の満月は美しく、旧暦8月15日の月は「中秋の名月」と呼ばれ、特別な日として親しまれています。
mangetsu_01
受付のご案内

・受 付 場 所  熊野神社参集殿にお集まりください
・受 付 開 始  19:00より
・初  穂  料  5,000円
・夜詣り特別祈祷  20:00より(祈祷時間はおよそ30分です)

『新月夜詣り』 新月祈願絵馬・新月特別守護を授与いたします
・新月祈願絵馬   願い事をご記入いただき、神様へご奉納いただきます
・新月特別守護   新月夜詣りご参拝の方のみへ特別授与するお守りです
『満月夜詣り』 満月成就特別神供・満月特別守護を授与いたします
・満月成就特別神供   満月夜詣りご参拝の方のみへ特別授与する品です
・満月特別守護   満月夜詣りご参拝の方のみへ特別授与するお守りです

2017年の新月夜詣り

4月26日(水)
5月26日(金)
6月24日(土)
7月23日(日)
8月22日(火)
9月20日(水)
10月20日(金)
11月18日(土)
12月18日(月)

2017年の満月夜詣り

5月11日(木)
6月 9日(金)
7月 9日(日)
8月 8日(火)
9月 6日(水)
10月 6日(金)
11月 4日(土)
12月 4日(月)

アクセス


〒124-0012
東京都葛飾区立石8丁目44−31
(TEL) 03-3693-5623
(FAX) 03-3693-0070

電車でお越しの場合:青砥駅から徒歩10分 お車でお越しの場合:駐車場あり
PAGE TOP