熊野神社 オリジナル盆踊りを制作しました

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるい始めて1年が過ぎました。
コロナ禍はまだまだ収束の兆しさえ見せず、現在変異ウイルスの存在が新たな脅威になっています。
外出自粛、緊急事態宣言など初めて体験することばかりで、目に見えぬウイルスに怯えながら過ごしてきました。
コロナがこれまでのありふれた日常を奪い、一変させたのです。

東京オリンピックパラリンピックは延期になり、二年に一度の本祭りは縮小され、お神輿の渡御、賑わい行事は中止しました。
恒例の盆踊り、餅つきなどもやむなく中止し、さびしい1年でした。しかし、ただ嘆いているだけでは前には進みません。
コロナ禍のなかでも1日1日は過ぎていき、やらなければならないことは山ほどあります。
なにより私たちは明るく、元気に、前向きに、生きていかなくてはならないのです。

今夏に予定している盆踊りも開催できるかわからない状況ですが、「コロナになんか負けてたまるか」という思いと沈みがちな暗いムードを少しでも明るくしようと『ここは葛飾 熊野音頭』を制作しました。
神社オリジナルの盆踊り曲は全国にたくさんありますが、作詞・作曲・歌・振付にいたるまですべて自前で制作したオリジナルの盆踊り曲は他にはない、当社ならではのものです。
多くの人たちに親しんでいただき、口ずさんでもらえるような盆踊り曲になれば大変ありがたく、うれしく思います。
手をつなぐことも、たくさんの人と交わることもできない今ですが、いつか『ここは葛飾 熊野音頭』で手をつなぎ、輪になって踊れますよう願っています。
また、『ここは葛飾 熊野音頭』のフィットネスバージョン『熊野音頭でフィットネス』も制作いたしました。
お子様からお年寄りまで楽しく体を動かせる曲になっています。コロナ禍での運動不足やストレス解消にお役立ていただければ幸いです。

 

熊野神社 宮司 千島俊司

『ここは葛飾 熊野⾳頭』

作詞 千島 俊司
作曲 藤井 美帆

⼀、輝く朝⽇に 背中を押されて
きょうも1⽇がんばると 熊野さまに⼿を合わす
いつも守り守られて
きょうも1⽇ごくろうさん 熊野さまに感謝する
家族そろって踊りましょ
踊りましょったら踊りましょ

⼆、みあかし提灯 灯りがともり
空にまんまるお⽉さま 3本⾜の⼋咫烏
いつも守り守られて
安倍晴明 五⾓の地 夫婦楠 ⼤⿃居
ご近所みんなで踊りましょ
踊りましょったら踊りましょ

三、ここは葛飾 ⽴⽯ 熊野
清く 明るく 美しく 家族そろって輪になって
いつも守り守られて
めげず しょげず あきらめない ご近所みんなで⼿をつなぎ
熊野⾳頭で踊りましょ
踊りましょったら踊りましょ

音源はこちら


『熊野音頭でフィットネス』

音源はこちら


アクセス


〒124-0012
東京都葛飾区立石8丁目44−31
(TEL) 03-3693-5623
(FAX) 03-3693-0070

電車でお越しの場合:青砥駅から徒歩10分 お車でお越しの場合:駐車場あり
PAGE TOP